大好きなミステリ作家のこと

綾辻行人の小説を読んでいます。
正直、かなり面白いです。

「奇面館の殺人」という小説で文庫で上下巻が出ています。
書店で見かけた際に、これは老後の楽しみにとっておこう、などと本気で考えていたのですが、そのわずか数日後に旦那が自分で買ってきました。
現在は旦那から借りて読んでいる最中です。

老後の楽しみにする、などと言いながらも身近にあるとついつい読んでしまいます。
綾辻行人の小説は内容がどれもよく練られていて、実に興味深いものばかりです。

もともと、小説を繰り返し読むということがなくて、たいていの場合は読んですぐに売ってしまうのですが、彼の作品は時間が経ってからまた読み返してみたりします。
本格ミステリを書ける人自体が減っているのか、彼以上の作家をあまり知りません。